村鳥ブッポウソウ、孵化を確認

6月15日に1羽、16日に2羽と2日続けて役場屋上に設置した巣箱で、ブッポウソウが孵化しました。今年の卵は4個ありますので、残りの1羽も孵化間近か。これからは親鳥の行きかう姿が頻繁にみられると思います。

6月前半の出来事など

6月1日、天龍村議会による村内視察が行われました。視察箇所は、主に令和4年度に実施している又は計画している事業を中心にし、その進捗状況等を確認いただきました。

同日、県議会議員の川上先生が来庁され、村の施策等について意見交換をさせていただきました。過日行った知事との懇談でも話題となった医師や保健師などの専門人材の確保について県の力を貸してほしいとお願いしました。

同日、JAみなみの寺澤組合長さん他役員の皆さんがお見えになり、役員改選により新しい体制になったとのご挨拶がございました。天龍村にも大勢の組合員の皆さんがいらっしゃいますので、その皆さんのためにもご尽力いただくことをお願いしたいと思います。

6月2日、阿南高等学校南宮学習塾の開講式が行われましたので、阿南高校協力会という立場で出席しました。魅力ある高校づくりの一環として学力向上を目指し、公設の学習塾がスタートしました。初期の目的が達成できるようみんなで協力し合いたいと思います。

6月4日、宮下一郎後援会飯伊市町村議員連盟総会及び自民党フォーラムが午前中エスバードで、午後は下條村コスモホールで行われましたので出席しました。地方から元気を生み出すことができるよう共に努めてまいりたいと思います。

6月5日、第46回東京天龍会のつどいが行われました。詳細については別に掲載していますので、ご覧ください。

6月6日、令和4年度第2回天龍村議会定例会を招集し、私から条例案件3件、令和4年度補正予算案件3件、報告2件などの議案を上程しました。

同日、まち・ひと・しごと創生総合戦略推進本部会議を開催し、令和3年度のKPIについて協議しました。計画目標達成できるよう見直し等も行っていきたいと思います。

同日、TikTokの飯塚さんが来庁され、村のPRツールとしてTikTokを活用していただいたらどうかとのお話がありました。飯塚さんはかつて大学生のころ、天龍村をフィールドに様々な活動をされた方で、特に映画監督としてPFFアワード準グランプリなどの賞を受賞された経験もある方です。今回は若手職員にも聞いてもらったので、バズる動画がUPされることを期待しています。

6月7日、国道418号(仮称)足瀬トンネル工事安全祈願祭が盛大に挙行されました。地元村長として私からは「安全で安心な道路が整備されることは村民にとってこの上ない喜びであるので、工事が安全にかつ早期に完成するようお願いしたい」とあいさつさせていただきました。

6月8日、総合体育施設建設工事の地鎮祭並びに安全祈願祭が行われましたので出席しました。長年検討を重ねてきた事業だけにその完成が期待されます。また、旧小学校体育館は昭和18年建築の木造体育館として思い入れの強い方も多くいらっしゃいますので、そうした思いを大切にしながら天龍村らしい体育館になればと思っています。式典では安全に工事が進むことをお願いしました。

同日、愛知長野県境域開発協議会の令和4年度総会が阿南町で行われましたので出席しました。令和3年度事業報告及び決算報告、令和4年度事業計画及び予算などが原案どおり承認されました。

6月9日、国道153号飯田南バイパス整備促進期成同盟会総会及び主要地方道飯田富山佐久間線改良促進期成同盟会総会が飯田市で行われましたので出席しました。共に初期の目的を達成するために要望活動等を積極的に行うことを決議しました。

6月11日、信毎杯マレットゴルフ大会が行われましたので参加しました。天気予報では雨の予報もありましたが、プレー中は降られることはありませんでした。コースを回ると結構ハード(疲れました)でしたが、参加された皆さんと楽しい時間を共有できました。

6月12日、36災害60年シンポジウムが飯田市で行われましたので出席しました。かつての災害を忘れることなく次代に「伝え」、そしてその教訓を胸に「備え」を万全にすることが大事であります。さらに平時における「学びや考える」ことが有事に役立つと言われていますので、今後の防災訓練等において村民の皆さんに伝えていきたいと考えます。

6月14日、令和4年度第2回議会定例会最終日でした。上程した案件は全て原案どおり可決いただきました。

第46回東京天龍会のつどい

6月5日、第46回東京天龍会のつどいが、新宿で行われましたので出席しました。
今回は、村から村澤教育長、熊谷議長、兼宗議員、福士商工会長、金田民生児童委員会長、大平総務課長とともに参加させてもらいました。コロナ禍の中、大勢の会員の皆さんとお会いでき楽しい時間を過ごさせていただきました。昔話に花が咲き、あっという間の時間でした。
ただ、残念ながら、諸事情により今回で東京天龍会は解散することになったとの発表もあり、解散を惜しむ最終会ともなりました。昭和50年5月に創立してから実に半世紀近い歴史を数えてきた会で、村でもこれまでいろんな場面でご支援ご協力をいただいてきました。これまで東京天龍会を支えてこられた全ての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
閉会前に全員でふるさとを合唱しましが、皆さん『この歌いいよね』と言っていた言葉が印象的でした。
今回で東京天龍会は解散するわけですが、ふるさと天龍村は長野県において一隅を照らす存在としていつまでも輝き続けて参りますので、引き続きのご指導ご鞭撻をよろしくお願いします。

5月の出来事など

5月2日、飯伊森林組合理事会が開催されましたので出席しました。総代会後に行われた新理事での最初の会議で組合長ほかの改選もありました。経営改善に向け期待したいと思います。

同日、小学校・中学校・どんぐり向方学園の先生方並びに教育委員会合同の研修会が行われ、冒頭、私から主に新しく赴任された先生方に向け、天龍村の教育に対する考えをお伝えし、子供たちの健やかな成長にお力添えをお願いしました。

5月3日、ていざなすの販路拡大に向けサンヨネ(豊橋市)の三浦社長に来村いただき、ていざなす組合の皆さんと懇談をしてもらいました。今後よい関係性を持つことができるよう期待します。

5月6日、天龍中学校ではプール開きが行われ、水泳部の生徒が初泳ぎを披露しました。水泳天龍の伝統を守るとともに自身の目標に向かってしっかり練習に励んでもらいたいと思います。

5月9日、令和4年第1回天龍村議会臨時会を開催しました。私から承認案件9件、条例案件1件、その他案件2件、報告2件の議案等提出し、全て原案どおり可決、承認いただきました。今回は主に請負金額が50,000千円以上となる村道向方線沢地下の災害復旧工事と天龍村総合体育施設建設工事の請負契約についての承認をいただくことでした。

5月11日、債権管理情報連絡会議を開催し、令和3年度の出納閉鎖までに村税等の滞納額が少しでも減るよう連携をとることを指示いたしました。

同日、どんぐり向方学園を訪問し、中野理事長、校長に現在村が行っている家族留学等への協力等をお願いしてきました。

5月12日、我楽田工房の皆さんが来庁され、今後の活動計画についての説明と連携強化について話し合いを行いました。我楽田工房さんには、つながり人口の増加による地域の活性化に寄与いただいており大変感謝しております。

5月13日、今年度から新たに着任された長野県県立病院機構の本田理事長が来庁されました。県立阿南病院の医師の増員、遠隔診療の推進等をお願いしました。

同日、第62回天龍村商工会総会が行われましたので出席しました。過疎化、少子高齢化に加え新型コロナウイルスの影響もあり、会員の皆様の経営等も大変だと思いますが、村としてもできる限りの支援はしたいと考えていますので、福士会長中心に村の元気を生み出す団体として益々発展していただくことをご期待いたします。

5月14日、おきよめ観光協議会の皆さんによる国道418号沿線の美化活動が行われました。コロナによる移動制限も解除され、観光客も増えてきましたので、こうした景観整備は受け入れ側としては大変重要な活動だと思っています。向方地区を中心に大勢の皆さんにご参加いただき感謝申し上げます。

5月15日、南信州ツーリングクラブの皆さんによる村道の除草作業が行われ、私も参加させていただきました。前日のおきよめ観光協議会の皆さんはじめこうした村民の皆さんが自らが主導して行ってくださっている活動には感謝しかありません。本当にありがとうございます。


(作業前)


(作業後)


(作業前)


(作業後)

5月16日、南信州農業振興協議会総会、下伊那土木技術センター組合臨時会、町村会、広域連合会議などが行われましたので出席しました。その後に地元選出の県議会議員の皆様との懇談会が行われ、信州大学の新学部誘致や南信免許センター整備など一緒になって実現していくことを確認しあいました。

5月17日、地方を守る会総会が行われましたので出席しました。近年頻発している大規模な自然災害には国の支援が不可欠です。しかも全国各地の配備されている地方整備局が充実していないと迅速な対応ができません。天龍村は中部地方整備局の管轄になりますので、機器等の整備や人員の確保含め今後さらに充実されることを関係機関に要望していきたいと思います。

5月18日、下伊那南部の阿南町長、下条村長、売木村長とともに林野庁を訪問し、森林環境譲与税に関しての要望等を行いました。譲与税の配分については人口と私有林の面積などによって全国に配分されていますが、森林の少ない都市部に多く配分され、有効に活用されていないとの話もある中で、山元に手厚く配分されようよう見直しをお願いしました。

その後、ガーディアン72の有馬代表のところに訪問し、遅れている支援物資の提供についての状況を伺ってきました。令和2年に災害応援協定を結び、その後定期的に避難所用の物資を送っていただく予定でしたが、コロナの影響により遅れてしまっているとのこと、6月下旬には一部を配送できる状況になったとのことですので、期待して待ちたいと思います。

同日、道路整備促進期成同盟会全国協議会総会が行われましたので出席しました。全国から670名の首長が出席し、国土強靭化の継続等を強く要望していくことを誓い合いました。その後、国会議員へ要望書を提出してきました。

5月20日、下伊那土木振興会の代表として信州大学農学部を訪問し、砂防学の権威平松教授の後任をぜひ確保していただきたいことを要望してまいりました。国道418号の足瀬や向方線沢地下の災害など発生後の復旧対策等には、知見を有する学識者の意見が必要となります。これまで平松教授にお願いしてきましたが、今年度末でご勇退される予定ということで、その後任を是非選任していただきたいというのが趣旨です。

5月22日、中部地方整備局、長野県などが主催する天竜川水防演習が行われましたので出席しました。今回飯田会場で行われるのは9年ぶりということです。天龍村消防団の皆さんにもご参加いただき、大規模な演習ができました。

5月23日、長野県建設部の林砂防課長が芝沢の砂防堰堤ほかを視察来村されました。また。足瀬の災害現場を頂上から歩いて下り実際の被災状況を確認いただきました。

5月24日、下伊那南部地区主要地方道飯田富山佐久間線整備促進期成同盟会総会を開催しました。各議案を承認いただくとともに今年度もコロナの状況等をみながら要望活動をすることなどを決定いただきました。

5月26日、全国治水砂防協会総会、長野県砂防講演会が行われましたので出席しました。

5月29日、第25回天龍村ゴルフ大会を飯田カントリークラブを会場に実施しました。天候にも恵まれ真夏を思わせるような暑さの中、大勢の皆さんにご参加いただき楽しい大会となりました。

5月30日、拡大版南信州戦略会議が開催されましたので出席しました。この会議は県の5か年計画を策定するにあたり、知事と各市町村長とが意見交換をする場であり、私からは専門人材(特に医師)の確保について県も一緒になって考えてほしい旨をお話させていただきました。併せて、ICTなどを活用した遠隔診療やドローンを活用した薬等の運搬などモデル的に実証試験等行う場合は、是非南部地域の町村を紹介していただきたいことも申し伝えました。

同日、まち・ひと・しごと創生総合戦略審議会を開催し、第2期戦略のKPIについてご意見をいただきました。

5月31日、天龍農林業公社及び龍泉閣の総会をそれぞれ行い、各議案についてご承認いただきました。両社とも村からの補助金をいただかないと運営できない会社であります。少しでもその額が減るよう努力したいと思います。

4月後半の出来事など

4月18日、町村会、広域連合会議が開催されましたので出席しました。

4月19日、婦人会総会及び村長との車座集会が開催されましたので出席しました。特に車座集会では、事前に満島屋、総合体育施設建設、社会福祉、住宅問題、野良犬等についてテーマをいただいていましたので、資料を用いて説明しながら婦人会の皆様のご意見をいただきました。野良猫に関しては、一人暮らしのお年寄りの癒しになっている反面、野良猫が増えている状況をみるとむやみにえさを与えないことや避妊等の助成を考えてほしいなど意見が出されました。また飼い主のモラルも大切だとのご意見もいただきました。

4月20日、例月出納検査が行われました。
また、午後には、今年度第1回目となる総合教育会議を開催しました。今回の主な議題は、教育大綱の中に今年度から保育所を教育委員会所管にすることに伴う、保・小・中連携の強化等を文面に追加することを協議いただきました。

4月21日、長野県町村会政務調査会全体会議が長野市自治会館で行われましたので出席しました。長野県の主な部局から今年度の事業説明があり、続いて知事との懇談を行いました。主な話題は新型コロナウイルスの関してでした。

4月22日、区長会を開催しました。今年度新しく区長となられました皆様には、地区の取りまとめ役としてまた村とのパイプ役として1年間お世話になりますが、どうかご協力をいただきますようよろしくお願い申し上げます。

4月23日、第21回村長杯パターゴルフ大会を開催しました。天候にも恵まれ、また大勢の皆様にご参加いただき和気あいあいの中で思い思いのプレーができました。コロナ禍ではありましたが、こうした活動を少しずつ再開していきたいと思います。

4月24日、移住者交流会が行われました。残念ながら私は都合があり参加できませんでしたが、生憎の天候の中、会場を変えて盛大にできたとの報告がありました。

4月25日、職員提案検討実践委員会が開催され、今年度委員となった職員に対し委嘱状の交付とあいさつをしました。すばらしい提案が出されることを期待します。

同日、平岡駅前活性化複合施設及び村営住宅のしゅん工式を行いました。詳細については別掲をご覧ください。

同日、今年度最初となる産業振興に係る調査研究プロジェクト全体会議を行いました。過去3年間の活動を通して、今年度のプロジェクトをどのようにするのかなどを確認しあいました。

4月27日、満島屋が開店しました。詳細については別掲をご覧ください。

4月28日、長野県治水砂防協会役員を中心に信州大学農学部へ行き、今年度末にご勇退される平松先生の後任人事について要望活動を行ってきました。平松先生は砂防学の権威であり、県内で土砂災害等が発生するたびに現場に出向き災害現場の状況や今後の復旧方法などについてご助言をされております。天龍村でも令和2年7月豪雨災害(足瀬)や向方線などでお世話になっております。

4月30日、旧福島小学校区の運動会が行われ、私も参加させていただきました。昨年度はコロナにより中止となってしまいましたので、今年度は2年ぶりの開催となりました。参加者全員の皆さんの願いが叶い、非常に良い天候となりました。子供たちの参加が多く、にぎやかな運動会となりました。

平岡駅前活性化施設及び村営住宅の建設記録②ドローン

上空からの建設記録写真です。

DCIM100MEDIADJI_0036.JPG

(R3.10.7)

DCIM100MEDIADJI_0040.JPG

(R3.10.11)

DCIM100MEDIADJI_0033.JPG

(R3.10.12)

DCIM100MEDIADJI_0039.JPG

(R3.10.14)

DCIM100MEDIADJI_0039.JPG

(R3.10.19)

DCIM100MEDIADJI_0037.JPG

(R3.10.20)

DCIM100MEDIADJI_0044.JPG

(R3.10.27)

DCIM100MEDIADJI_0053.JPG

(R3.10.29)

DCIM100MEDIADJI_0051.JPG

(R3.11.4)

DCIM100MEDIADJI_0064.JPG

(R3.11.8)

DCIM100MEDIADJI_0078.JPG

(R3.11.14)

DCIM100MEDIADJI_0083.JPG

(R3.11.21)

DCIM100MEDIADJI_0104.JPG

(R3.12.4)

DCIM100MEDIADJI_0107.JPG

(R3.12.6)

DCIM100MEDIADJI_0125.JPG

(R4.3.24)

平岡駅前活性化施設及び村営住宅の建設記録①

写真で建設の様子を見てください。

(R3.9.22)


(R3.10.8)


(R3.10.11)


(R3.10.12)


(R3.10.14)


(R3.10.19)


(R3.10.21)


(R3.10.27)


(R3.11.4)


(R3.11.8)


(R3.11.10)


(R3.11.14)


(R3.11.21)


(R3.11.24)


(R3.11.26)


(R3.11.30)


(R3.12.4)


(R3.12.8)


(R3.12.10)


(R3.12.13)


(R3.12.17)


(R3.12.21)


(R3.12.23)


(R3.12.27)


(R3.12.31)


(R4.1.4)


(R4.1.5)


(R4.1.7)


(R4.1.12)


(R4.1.14)


(R4.1.15)


(R4.1.17)


(R4.3.11)


(R4.3.14)


(R4.3.15)


(R4.3.23)


(R4.3.28)


(R4.3.31)


(R4.4.4)


(R4.4.11)


(R4.4.19)


(R4.4.25)

ブッポウソウが飛来しました。

4月28日、役場に出勤すると「ホーホケキョ」のほかに「ゲッゲッ」という鳴き声が・・・。ひょっとしたら、ブッポウソウかな?と思い、早速、ブッポウソウを守る会の盛会長に確認したら、やはり村鳥ブッポウソウに間違いありませんでした。

今朝、1羽ですが役場の屋上やお寺(自慶院)の森を飛び回る姿も確認でき、いよいよ楽しみな季節がやってきたと実感しています。

盛会長は、巣箱の出入り穴を開けに行ってくれたそうで、私もCATVの放映準備を急ぐよう担当職員に伝えたところです。
みどりの少年団の子供たちとともに貴重な鳥ブッポウソウを保護しながら、少しでも多くのブッポウソウが天龍村で営巣することを期待します。

平岡駅前活性化施設及び村営住宅がしゅん工、満島屋が開店しました

4月25日、平岡駅前活性化複合施設及び村営住宅のしゅん工式を行いました。コロナ禍ということもあり、ご来賓の皆様は、施設の建設に関わっていただいた方及び村内の関係者のみとさせていただきました。
買い物弱者対策、移住定住対策、商店街の活性化及び経済循環の構築など様々な効果を生みだす施設として期待されてもいますので、村でもしっかりサポート等していきたいと思います。
施設建設にあたりご理解ご協力を賜りました地権者の皆様、地元地域の皆様、設計業者の皆様、施工業者の皆様はじめ関係するすべての皆様に心より感謝申し上げます。

施設概要は、1階部分は「満島屋」というミニスーパーやコインランドリー、イートインスペースなどの複合施設に、2階部分は「コーポあさぎり」と命名した単身者向け住宅6戸を整備しました。
満島屋は、ナピカランドという会社が指定管理者として運営します。またこの満島屋は、一般的なコンビニと同じくらいの広さで、食料品や日用品など数多くの商品が揃えられております。

また、2階の住宅も入居が可能となり、入居予定者は5月連休辺りに引っ越しされる方が多くいると思います。
いずれにしろ、この施設が村の元気を生み出す拠点となるよう努めてまいりますので、どうか皆さんも天龍村にお越しの際には満島屋にお立ち寄りいただければありがたいと思います。
ちなみに営業時間は8時から18時まで(夏場は19時まで)、定休日は、原則毎週水曜日だそうです。

4月27日、満島屋がついにオープンしました。
10時開店予定でしたが、大勢のお客様がお待ちのようでしたので、少し早めの開店となりました。
開店時に入口の自動ドアが開くと、皆さん次々に買い物かごをもって入店され、お目当ての商品を品定めしていました。マスク越しではありますが、皆さんのお顔がとても喜んでいるように見えました。
また、天龍村だけではなく、他市町村のお客さんもお見えになっていましたので、皆さんの満島屋に対する期待感を強く感じた次第です。
本日の特売品は飛ぶように売れ大盛況。しかし、来客者数の制限をしていませんでしたので、レジは長蛇の列になってしまいました。初日ということで慣れないということもあり、ご迷惑をかけたかもしれません。

また、コインランドリーも早速利用される方もいらっしゃいました。これから梅雨を迎えるともっと利用される方が増えると思います。乾燥は10分100円です。

さらに、保育所の子供たちもお祝いに駆けつけてくれ華を添えてくれました。

満島屋が皆さんにとってなくてはならない店舗となるよう、しっかり支えていきたいと思います。
皆さんも是非天龍村にお越しの際にはお立ち寄りください。

ちなみに、開店を記念して村民の皆様にはエコバックを配布させていただきました。

4月前半の出来事など

4月4日、阿南高等学校協力会総会があり出席しました。令和3年度の事業報告並びに決算報告や令和4年度の予算案等について審議いたしました。また、令和4年度から公設の学習塾である「南宮塾」を開設することを正式に決定しました。
ちなみに、令和4年度の阿南高校入学者は定員80名に対し45名とのことです。「南宮塾」の開設によって阿南高校が魅力ある学校にとして志願者が増えるよう期待したいと思います。

4月5日、天龍保育所の入園式が行われました。今年度は年長児から未満児まで7名のお友達が入園してくれました。毎日元気に登園し、みんなで楽しく遊んだりしてくれることを願ってます。
保育所も今年度から所管を教育委員会に移行し、保小中の連携強化や子育て支援を一貫して行える体制に見直しました。保護者の皆さんも気軽に子育て相談等してもらえるとありがたいと思いますし、毎朝「笑顔」でお子さんを保育所へ送り出してほしいと思います。
なお、今年度、スクールバスへの同乗も試行的に行っています。検証を経て今後どうするかを考えていきたいと思います。

同日、社会就労センターの皆さんとお花見昼食会を松島中電さくら公園にて行いました。陽気にも恵まれ絶好のお花見日和でした。また風が吹くたびに花びらが舞い素敵な光景も見られました。

4月6日、天龍中学校並びに天龍小学校の入学式が行われました。新入学生を祝福するかのように絶好の天気となり、桜の花と青空がとても映え、印象的でした。少人数の学校ではありますが、少人数を活かした教育、少人数だからこそ・少人数でなければできない教育を実践することにより村に誇りを持てる子供に育っていってほしいと思います。
なお、天龍小学校は、体育館改築のため、今年度はなんでも館での挙行となりました。

また、新入学生に対し、村からお祝いを贈呈しました。さらに新小学生にはシャクナゲの苗木をプレゼントしました。大事に育ててほしいと思います。

4月7日、飯伊森林組合理事会が開催されましたので出席しました。

4月8日、阿南防犯協会の監査を行い、その後に社会就労センターでお世話になっている取引先へのあいさつ回りに行ってきました。

同日、天龍村消防団新入団員任命式が行われましたので出席しました。新入団員の皆さんには、消防の使命である村民の安心安全と生命財産を守るためご尽力を賜りますようお願いいたします。

4月11日、春の全国交通安全運動期間中、阿南安協天龍支部による街頭指導が行われました。

同日、職員の皆さんとの懇談会を行いました。毎年この時期に私と職員の皆さんとの話し合いの場を設けています。特にテーマを設けていませんが、普段から思っていることを一人ずつ発言していただいています。年代別に6つのグループに分け、今日から26日まで行う予定です。

4月12日、天龍みどりの少年団による「ブッポウソウの巣箱かけ」が行われました。当日は、3年生から5年生までの団員全員が参加し、高所作業班と木登り班に分かれ2月に作製した約30個の巣箱を天竜川に架かる橋などに設置しました。
団長の熊谷一輝君(5年)も「ブッポウソウが入ってくれるように一生懸命取り付けたい」と意気込みを述べ、早速、設置現場に向かっていきました。
天候にも恵まれ、また、ブッポウソウを守る会、飯伊森林組合、板倉電設さん、長野県など大勢の皆様のご協力をいただき、予定どおり設置できましたこと、育成会会長として感謝申し上げます。
昨年は12個の巣箱に営巣したようなので、今年はそれ以上営巣してくれることを期待したいと思います。

DCIM100MEDIADJI_0136.JPG

4月14日、阿南安協天龍支部による交通指導所を開設しました。当日は、松下阿南警察署長さんや板倉阿南警察署交通課長さんも参加下さり、国道418号を通行するドライバーに「安全運転」を呼びかけました。
今年の標語は「信濃路は みんなの笑顔 つなぐ道」です。

4月16日、天龍温泉おきよめの湯でおきよめ観光協議会主催の「おきよめマルシェ」が行われましたので行ってきました。地元の皆さん始め地域おこし協力隊やOGの皆さん方も出店しており、今旬のタラの芽やわらび、しいたけ、信州サーモンなど地元の特産品が所狭しと並べられていました。温泉に来場された皆さんに喜んでもらえたと思います。

4月17日、日赤奉仕団の総会が行われましたので出席しました。新型コロナウイルスの感染拡大やロシアによるウクライナ侵攻など暗いニュースが多い中、日赤奉仕団の皆さんの人道と博愛の精神に基づく地域奉仕活動により、村全体の安心の輪を広げてもらえればありがたいと思います。